光るプラカードのバリエーション

光るプラカードは用途によって様々なバリエーションを用意しています。

A3版・横向き使用
A3版・横方向使用

光るプラカードA3版を専用ポールに横方向に取り付けています

  • ライトユニットA3サイズ
  • 伸縮ポール(2m)
  • モバイルバッテリー
  • 専用USBスイッチケーブル
  • ノブネジ 2本
A3版・縦向き使用
A3版・縦方向使用

光るプラカードA3版を専用ポールに縦方向に取り付けています

  • ライトユニットA3サイズ
  • 伸縮ポール(2m)
  • モバイルバッテリー
  • 専用USBスイッチケーブル
  • ノブネジ 2本
A3版・自立使用
A3版・横方向使用

光るプラカードA3版・横方向を注水スタンドに自立させてます

  • ライトユニットA3サイズ
  • 伸縮ポール(2m)
  • モバイルバッテリー
  • 専用USBスイッチケーブル
  • ノブネジ 2本
  • 注水スタンド(筒なしタイプ)
A3版・両面使用
A3版・縦方向使用

光るプラカードA3版 2枚を専用ポールに両面に取り付けています

  • ライトユニットA3サイズ(標準)
  • ライトユニットA3サイズ(両面取り付けタイプ)
  • 伸縮ポール(2m)
  • モバイルバッテリー
  • 専用USBスイッチケーブル
  • トラスネジ 2本
A2版・横向き使用
A2版・横方向使用

光るプラカードA2版を専用ポールに横方向に取り付けています

  • ライトユニットA2サイズ
  • 伸縮ポール(3m)
  • モバイルバッテリー
  • 専用USBスイッチケーブル
  • ノブネジ 3本
A2版・縦向き使用
A2版・縦方向使用

光るプラカードA2版を専用ポールに縦方向に取り付けています

  • ライトユニットA2サイズ
  • 伸縮ポール(3m)
  • モバイルバッテリー
  • 専用USBスイッチケーブル
  • ノブネジ 3本
山雅:最後尾看板使用
A3版・横方向使用

光るプラカードA3版を表面2枚・裏面1枚の合計3枚を特殊ポールに取り付けています。

  • ライトユニットA3サイズ(標準)
  • ライトユニットA3サイズ(両面取り付けタイプ)
  • ライトユニットA3サイズ(カラーLEDバージョン)
  • 山雅最後尾専用ポール(2.4m)
  • モバイルバッテリー 3個
  • 専用USBスイッチケーブル 3本
  • ノブネジ 2本
  • トラスネジ 2本

1枚はカラーLEDを仕込んでおり、遠くからでも色が判別できます(通常の白+印刷では光が強すぎて100m以上離れると明かりしか判別できません)
裏面の1枚は最後尾を通り過ぎた人にわかるように使用しています。

山雅:臨時ゲート使用
A3版・縦方向使用

光るプラカードA3版 2枚を特殊ポールに取り付けています。

  • ライトユニットA3サイズ 2枚
  • 山雅最後尾専用ポール(2.4m)
  • モバイルバッテリー 2個
  • 専用USBスイッチケーブル 2本
  • ノブネジ 4本
山雅:A看板使用
A3版・横方向使用

光るプラカードA3版 2枚を専用A看板に縦方向と横方向に取り付けています

  • ライトユニットA3サイズ 2枚
  • 専用A看板(スリムタイプ)
  • モバイルバッテリー 2個
  • 専用USBスイッチケーブル 2本
  • ノブネジ 4本
マイクスタンド使用
A3版・縦方向使用

光るプラカードA3版を専用マイクスタンドに取り付けています

  • ライトユニットA3サイズ
  • 専用マイクスタンド
  • モバイルバッテリー
  • 専用USBスイッチケーブル
  • ノブネジ 2本

マイクスタンドは角度を変えられるため、傾けて手元明かりとして使用しています。

A1版・2枚
A3版・縦方向使用

光るプラカードA1版を特注スタンドに横方向に2枚取り付けています。

  • ライトユニットA1サイズ 2枚
  • 特注スタンド
  • モバイルバッテリー 4枚
    ※A1版は1枚につきバッテリー2個を使用します。
  • 専用USBスイッチケーブル 4本

ここまでのサイズになるとプラカードなのか…という気がしないでもないですが、これでも7kgありませんので移動も容易です。

A1版・2枚・背面
A3版・縦方向使用

光るプラカードA1版x2枚の裏面です。

大きいのですが、バッテリーを含めて重さは7kgと男性であればさほど重くありません。
裏面に取っ手を付けているので運搬も設置も容易です。
これもライトユニットと特注スタンドが分離し、乗用車でも運搬が出来ます。