コロナ禍におけるホクト文化ホールでの入場整列・誘導プラン

このページでは長野県のホクト文化ホール(長野県県民文化会館)で入場時や終演時の時間差退場などの運営方法に関して、イベントナガノが提案するプランを紹介します。

弊社の光るプラカードや案内スピーカーを用いた提案ですので、すべて同じようにすることは難しいですが、運営時の参考にしていただければ幸いです。

場外での案内

コロナ禍の2021年11月現在、長野市のホクト文化ホールでは、正面玄関の入口箇所が制限されています。

弊社イベントナガノが公演運営を担当した際は、光るプラカードを両面付けして玄関外に設置しました。風で倒れないよう、のぼり用水ウェイトを使用して自立させています。

さらに案内スピーカーも併用することで、入口の場所の案内とともに、入場してすぐに検温と消毒を行うという事前案内も同時に行いました。

【ポイント!】
・入口がわかりやすくなり、迷うお客さんが少なくなる!
・スタッフを配置しなくてもOK

最後尾誘導

コロナ禍では、ソーシャルディスタンス確保のため待機列が長くなる傾向があり、最後尾が場外まで伸びることも多くありますが、光るプラカードを使用することで、夜公演でもスムーズに誘導案内ができます。

また、ここでも案内スピーカーを併用しているため、スタッフはイレギュラー時以外は発声しなくてよいという運営スタイルにしています。

【ポイント!】
・コロナ禍では列の間隔を大目に取るため、最後尾が長くなる⇒外まで伸びる
・スタッフがお客様の個別の要件に回答しててもスピーカーが最後尾をお知らせ!

検温・消毒
noImage

ホクト文化ホールにはサーマルカメラシステムが常設であるため、複数のお客様の体温を同時に測ることができます。

しかし、お客様はモニターを注視することが多く、そこで立ち止まる=列の流れが悪くなる事が多いため、スタッフが常駐し、お客様にOK/NGの連絡と速やかな誘導を促す必要があります。

そのため、弊社が運営を担当する際は、あえてこの場所で手指消毒を同時に行います。スタッフがカメラチェックと消毒を兼務することでスタッフ数を削減するようにしています。

なお、大人数が一斉に来場されるイベントでは、手指消毒も列の流れが悪くなる原因となるため、スタッフが手持ちの消毒スプレーで対応することをおすすめします。

【ポイント!】
・サーマルカメラ&消毒はボトルネックになる可能性大!

入場時

スタッフの発声機会を極力減らしながらもスムーズな入場を促すため、案内スピーカーを利用します。
チケットの半券はお客様に切っていただくことを音声案内することで、ご入場前にその準備をしていただけるので、スムーズな入場に繋がります。

また、当公演では当日券を購入希望の方が多かったため、急遽、当日券売り場の案内プラカードも自立させました。

【ポイント!】
・お客さんが手にチケットを持っているときの消毒はもぎりづらくなる
  ⇒ ボトルネックになるので注意
・「半券をお客様が切る / QRコードなど非接触もぎり」などの事前告知はマスト!

ロビー誘導
noImage

ご自身の座席がどこなのか、一番近い客席扉はどこなのか、迷われるお客様が多い場所です。

平時では個別にスタッフが案内していますが、コロナ禍ではスタッフの安全確保とスタッフ数を極力減らし発声機会を減らす目的で、案内用のプラカードを設置しています。

また、入口近くの客席案内図が暗くなりがちなので、光るプラカードで見やすくしました。

【ポイント!】
・入口がわかりやすくなり、迷うお客さんが少なくなる! ⇒ 混雑の解消

扉前
noImage

客席扉の前で、ご自身の座席場所に迷われるお客様が非常に多いです。ほとんどの会場には扉近くに座席表が掲示されていますが、照明の加減で見えにくい事が多いです。

イベントナガノでは光るプラカードで座席表をわかりやすく表示し、それを譜面台に設置することでお客様のわかりやすい視線で座席案内をしています。

 

【ポイント!】
・お客様の見る向きと合った座席表を設置しましょう。地図を見るのと同じです!

客席内(開場時・休憩時)
開場時の客席案内@キッセイ文化ホール

客席内では、お客様にマスクの着用と会話を控えていただく案内をすべきだと思っています。

スタッフも発声を控える必要があるため、弊社ではこの場面でも光るプラカードを使用しています。

光っていなくても案内可能ではありますが、光っているほうがお客様に認知いただける確率が格段に上がります。

【ポイント!】
・公演中のみならず、終始できる限り静かにしていただくことは感染対策として重要です!

客席内(終演時)

スムーズな時間差退場を行うにも、やはり分かりやすい案内が必要です。

弊社では、終演後、間髪を入れず、光るプラカードを持ったスタッフが客席通路に登場することで、お客様が立ち上がる初動を制限しています。

また、ロビーが密にならないよう退場のタイミングをコントロールする必要があるため、ステージ上のMCと場内外のディレクターの連携も必須です。

【ポイント!】
・公演が終了したら、お客様が離席を始める前にスタッフを配置しましょう! タイミングが難しいですが頑張って!!