イベントナガノがコロナ禍の2020年6月より様々なイベントを視察・運営サポートしてきた中で、イベント運営をどうするのが一番良いかをメリット・デメリットを踏まえて現状の「ベター」な方法を模索する企画。

今回はチラシやアンケートの配布・そのアッセンブリに関しての考察と提案です。イベントナガノでは以下の方法を提案します。

手袋をしたスタッフが手渡しすることをオススメします。

チラシの配布
チラシ配布(いらすとや素材)

公演へ行くと必ずと言っていいほどに受け取るチラシ類。キャスト表やアンケート、他の公演チラシなどが複数枚セットされています。
これまでは、もぎりの後でスタッフが手渡ししていましたが、コロナ禍の現状では2つの方法がとられています。
1つは、受付を通過した先のテーブルにチラシを積み重ねておき、お客様ご自身で持っていっていただく方法。もう1つは、手袋をしたスタッフがお客様に手渡しする方法です。

前者は、スタッフとお客様との距離が確保され、安全なように思いますが、積まれているうちの上の1枚、1束をピンポイントで取ろうとしても取りにくいこともあり、他のお客様のチラシ類まで触れてしまう恐れが出てきてしまいます。
また、取るのに時間がかかり、混雑を招いてしまいかねません。

一方、これまでどおりスタッフがお渡しするという方法であればスムーズに受付を通過できます。またウイルスを広げる可能性も低いと言えます。
スタッフはお渡しするだけ、お客様は受け取るだけという単純な動きの繰り返しです。
チケットのもぎりのような、受け取ったチケットをお返しするという受け渡し作業がないため、スタッフが清潔な手袋をした状態でお渡しする方法は比較的安全だと思います。

チラシのアッセンブリ
チラシのセット(長野市芸術館様提供)

キャスト表やアンケート、他の公演チラシなど複数のチラシを1つにまとめて配布しやすくする作業をアッセンブリと言います。

これまでは、公演当日にスタッフ総出で人海戦術でアッセンブリをしてきました。
しかし、コロナ禍では極力アッセンブリするスタッフの数を減らすことで接触も減らすこと、そしてスタッフも飛沫が飛ばないように細心の注意を払って取り組むという配慮も必要です。
もしくは、コロナウイルスは72時間程度で死滅すると言われているので、公演3日前までにアッセンブリをしてしまうという手もあります。

また、この作業自体が大変なので、チラシを配布しない・一種類の配布にとどめて印刷会社から届いた封印を配布者が解いて配布という選択肢も考えてみることも良いのかもしれません。

チラシを配布しない代案
googleフォーム

安全面を徹底するために公演リーフレットをお配りしないという主催者様も増えつつあります。
キャスト表をご覧になりたい場合は、会場内各所に貼り出されてあるQRコードを読み込むことでスマートフォンなどでご確認いただけるように工夫されている団体もいらっしゃいました。

アンケートについてもQRコード式で対応可能に思います。
QRコードを貼り出す場所で密にならないような対策が必要ではありますが、キャスト表・アンコール曲・セットリストなどをご覧いただけるようなメリットを打ち出せば、回答率が上がるようにも思います。

アンケートの回収はgoogleフォームなどの無料サービスを使うと容易に出来ます。紙で行なうアンケートと同内容の質問や回答を簡単に作成・QRコードなどで公開できますので、利用してみてください。
複雑なアンケートだと難しい場合があります。その際はお知り合いのホームページ作成会社様などに相談すれば解決することも多いかと思います。